So-net無料ブログ作成

メタセコイア UV展開やり方メモ [Metasequoia]

ワケが分からないのでメモ

通常選択

「対象オブジェクト」を選択
「対象材質」を選択

オブジェクトが選択された状態で「UV操作」を開くと、選択された箇所の展開図が材質の上に水色で表示されている

展開図はUV操作パネルの選択・移動・拡大で変更可能

UV展開.jpg

展開したい箇所を選択した状態で「焼き込み」

「ファイル出力」(UV操作パネルの下のほう)で展開図の出力

出力したファイルをお絵かきソフトで開き、乗算に設定しておくと線が見える状態で材質を編集可能

複数のUVを一枚のテクスチャにまとめる事が可能

画像は統合してテクスチャを書き出し、材質パネルのUVで選択する

UV展開.jpg

自動展開


(1)UVパネルから自動展開を選ぶ

(2)展開画面の「切れ目」などは見えるように黄色にオンにしておく

(3)「通常選択」でルートをなぞり(黄色のラインが出る)、途中は頂点でクリックするとそこまで選択される。
全ての切れ目ルートを選択して「展開実行」を押すと、テクスチャいっぱいに展開される。
途中で切れ目を削除したいと思ったら、「ルート削除」

(4)服地など模様があるテクスチャは、展開された図を移動するなりして配置変え

[ひらめき]ちなみに余談ですが、一般的に洋服の身頃は布目が縦方向になります。袖は肩から袖方向に縦になります。
襟や見返しは続けて丸く取ったりしますが、首の中心真後ろが縦になります。
縦→伸びない、横→伸びるので、肩ベルトなんかは横ではなく縦にとります。

huku.png

ズボンなどは切れ目は股の下、サイドですが、布地の目は膝~ももの辺りを頂点に上に縦になるように取ったりすることが多いと思います。

ま、どうでもいっか[わーい(嬉しい顔)]

・ローポリ、単純な形のまま展開しておいたほうが楽
・選択した箇所だけ自動展開も可能
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。