So-net無料ブログ作成

live2dでイラストを2dモデリング [live2d]

自分で描いたオリジナルキャラを動かしたい!(ポーズをさせたい)そんな願いから検索して見つけたのが<live2d>です。

3dは敷居が高いというか、お試ししてもさっぱりだったので・・・(でもまぁ結局、3dに行きつくんですが[たらーっ(汗)]

チュートリアル通りにやれば、あっという間にキャラ設定が完了します[exclamation]

live2d.jpg

新しいソフトの使い方を勉強してのモデリング制作は、正直「描いたほうが早いんじゃないか?」(多分これは一理ある)と思わずにいられません。

でも思い入れのある一枚を描くのと、アニメーションやコミックのために同じ絵柄を何度も描くのとでは、モチベーションが違いますよね。同じ絵(キャラ)を何枚も描くって、やっぱりチョットしんどいです。

最近はミュージックビデオや動画でも2dキャラが活用されているし、興味半分に始めてみましたが、これが案外面白いです。

live2dはお試し版もあるので、とりあえずやってみよう!で始めてみるのもアリだと思います。

[ひらめき]live2dでできること

  • 自作イラストをpsdファイルで取り込んで、目や口の開閉や手足の動きを付けられる。
  • 作成したモデリングでアニメーションが作れる。(mp4・wavで出力できる)
  • 音楽の取り込みも可能(.wavのみ)


などですが、キャラ以外にも背景画像もドロップで取り込み、サイズや位置の移動ができたりするので、アニメーション機能も結構使えるな~という印象。
また自動で作られる動きも自然で、.wavで描きだした透過ファイルは、プレミアプロなどで取り込んでみても綺麗に表示されるので、通常の動画の上に設置しても面白いかもしれません。

また元画像とモデリングは別物なので、例えばキャラでモデリング設定をした後に(別名で保存がベター)、別の画像をお絵かきソフトで編集して原画として取り込めば、衣装の違った別キャラが簡単に作れます[手(チョキ)]

あとは口と目のパーツを、リップシンク・まばたき設定などもできるので、歌に合わせて口パクアニメーションなども作れます。(ただし、メロディーにも反応するので、結局自動設定ではなく、自分で設定したほうがいいです)

パーツごとにレイヤーを作る必要がある原画制作が、ちょっと面倒くさいので、お絵かきソフトの使い勝手にもよるかもしれません。
私はclipstudioで作画→psdで保存(またはphotoshopで加工やサイズ調整をして保存)しています。

このブログで紹介してるリンク先 ・live2d

nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。